• 躁鬱病とうまく付き合う方法

病院で解決しよう

自分では治せない

精神的な病気を患ってしまう人が日本ではどんどん多くなっています。というのも、日本では不況が続いており、就職率が低下していたため、自分が望んでいない仕事でも行なわないといけない状態の人が多かったのです。今になって多少就職環境は改善されつつありますが、以前から働いている環境からは抜け出せないという人も多いのが現実です。精神的な病気を一度患ってしまうと、きつい仕事を辞めてからも心のバランスが崩れやすくなってしまい、仕事が長続きしないといった環境にもなってしまいがちです。そのため、精神的な病気を患った際には、病院で診断を受けて根本時に症状を改善できるようにする必要があるのです。

躁鬱病について

日本ではたくさんの人が精神的な病気で苦しんでいますが、その中でも特に変わった症状なのが躁鬱病です。躁鬱病は心のバランスが崩れてしまうため、精神的に落ち込んでしまうだけでなく、気分がハイになってしまい、周りの人に迷惑をかけてしまうといった症状も起きてしまうのです。躁鬱病は他の病と違ってハイになっている時は一見元気に見えるため、躁鬱病の場合は病院で診断を受けるまで病気であることに気付かなかったという場合もあります。しかし、しっかりと治療を行なわないと対人関係でのトラブルなどにも関わってくるため、少しでも躁鬱病と疑うことの出来るような状態になった時には、とりあえずでいいので病院に行って診断を受けてみましょう。

躁鬱病と感じたら診断してみよう

躁鬱病とは、躁病と鬱病と2つの症状を持つ病気です。 ユーモアがあり、明るく元気に見える躁病と気分が落ち込み、やる気がでない鬱病との対照的な症状がありますので、突然元気だった人が気分の落ち込みでガクッとなったりします。躁鬱病は周囲の人からは理解されにくい病気かもしれません。 仕事などで病気が原因で休んでいても元気に見えたりしますのでサボっているのではないかと思われてしまいがちです。自分の好きな事や興味のある事などには元気ですが、興味がなかったり、嫌な事などには気が進まず落ち込みます。 躁鬱病になる人の特徴としては、明るくユーモアがあり、親切だったりしますが激しく興奮したり、物事を苦にし過ぎたりするのも特徴です。

早期発見が早期治療に繋がる

躁鬱病かなと思ったり、家族や周囲の方の様子に変化があったりしたら、病院や専門家の診断を受ける事をお勧めします。 大切な人が病気になると心配で安心できません。1人で病院などに行かれるのではなく、できるだけ付き添いされて行かれる事をお勧めします。 原因は様々で、例えば、大切な家族や友人の死亡や別れ、病気、家庭内の問題、仕事上での失敗などがあります。 自身での診断チェックとしては、そわそわして落ち着きがない、良く電話をかける、良く外出する、良く食べるようになった、怒りっぽくなり喧嘩をするなどや体の変化も出てきて、頭痛や吐き気、肩こり、腰痛、体の歪みなどもあります。 躁病と鬱病の症状が出ます。 早期診断が発見に繋がり、診断結果で治療ができますので、早めの受診が望ましいです。

CONTENTS