• 山

長期間の治療が必要

目を覆う

時間がかかりやすい

躁鬱病を患ってしまった場合には、病院で治療を受けるのが最も効率的です。しかし、病院で診断を受けたからといって、短期間で治療を行なうことは難しいです。躁鬱病などの精神的な病は長い期間かけて積み重なってきたストレスが原因になっている場合が多いため、原因を取り除くにも時間がかかってしまいがちなのです。また、躁鬱病を改善するためには、複数の原因を取り除かなくてはいけない場合もあるため、どうしても治療が長期間に渡ってしまうのです。しっかり診断を受け、治療をしなければ躁鬱病は根本的に解決することができないため、根本的な解決を目指すためにも気長に治療を行なっていきましょう。

現状を確認しよう

躁鬱病に関しての診断を受ける際に重要なのは、自分が現在どのような状況なのかを医師にしっかり確認することです。躁鬱病は自分でどのような状態なのかを把握することが難しいのですが、躁鬱病を改善するためにはどのような状態であるかを把握することも重要になってくるのです。躁鬱病が以前よりも改善しているのであれば自信に繋がりますし、悪くなっているのであれば治療の方法を変えていくことが必要になります。どちらであろうとしっかり診断を受けて医師のアドバイスを聞かなければわからないことなので、自分の状態は診断の度に聞くよう心がけましょう。ただ、医師が自分の状態を明確に言わない場合はそれなりの理由があるため、医師が状態を話してくれない場合でも医師のアドバイスに従って治療を受けていくことが重要です。

躁鬱病の治療法について

躁鬱病とうつ病は似ているけれども、全く違う病気です。 うつ病と診断された場合には、無気力で憂鬱な状態が続くという症状により、日常生活に様々な支障が出てしまいます。 躁鬱と診断された場合は、ハイテンションになり活動的になる躁状態と、無気力で憂鬱になるうつ状態を繰り返します。 躁状態では、自分でも驚くほどに気分が良くなり、大きな買い物やギャンブルなどで散財してしまう事もあります。 躁鬱病と診断された場合、薬物療法と精神療法で治療していくことで、症状を改善していく事ができます。 症状を改善するために、様々な効果の異なる薬を服用していくのですが、現在では後発医薬品を利用することで、費用を抑えることができるようになりました。

症状を自覚する大切さ

躁鬱病の場合、鬱状態を自覚する事はあっても、躁状態を自覚する事はとても少ないのです。 気分が良くなり、ハイテンションになっている状態は、周囲から見ていても気づきにくいものです。 その為、うつ症状で悩まされている時には病院に行き、躁状態の場合には自覚がないので、治療を受けないという人が多いのです。 嬉しいことがあったら気分が良くなり、嫌な事があったら憂鬱になるといった気分の波は、誰にでもあります。 躁鬱病と診断されている場合は、その気分の波が両極端になっている事が多く、周囲から見ていても感情の起伏が激しい人だと判断されてしまう事が多いのです。 躁鬱病は、自分で自覚することが難しい病気ですが、周囲の人も気分の波などの変化に気づく事が大切です。

↑ PAGE TOP